​線維筋痛症は 脳の知覚過敏

線維筋痛症は検査では異常がない原因不明の全身的な慢性疼痛疾患で 痛みの程度や範囲,種類も多種多様にありますが、大抵 最初は 全身のどこかに小さな炎症と痛みが発生します。(現代医学では、積極的に治療すべき炎症ではないもの)

通常は、この小さな炎症は時間経過とともに消失し痛みも改善していきますが,

なんらかの原因で この炎症と痛みが持続してしまうと、脳の痛みに対する感受性が変化し、痛みを感じやすくなり,炎症のないはずの,局所の炎症巣の周囲も痛くなり 次第に領域が広がっていきます。

 

局所性の慢性疼痛症の段階で、脳の知覚過敏を抑えることができれば,痛みは再び炎症のある局所だけに戻り、その部位の対策だけを行えば良いのですが、脳の知覚過敏を抑えることができず,疼痛を強く頻繁に感じる生活を送っていると痛みの領域と程度は、どんどん広がって行きます。

こわばり感・倦怠感・疲労感・睡眠障害・抑うつ・自律神経失調・頭痛・過敏性腸炎・微熱・ドライアイ・記憶障害・集中力欠如、・レストレスレッグス症候群などの随伴症状が加わることもあります。

中には、リウマチや他の膠原病に伴って線維筋痛症が発症している場合もありますので、普段と違う症状が現れた際には その都度,主治医に相談してみる必要があります。

 

死に至る病気ではありませんが、重症になると日常生活動作が妨げられ, 車椅子や寝たきり状態にもなる恐れがあります。

 

男性よりも女性に多く、中高年の方に多い病気です。

そのため自律神経失調症や更年期障害・不定愁訴などど他の病気と診断されることも少なくありません。

現在人口の1.66%、約200万人の患者がいるのではないかと疫学的に発表されています。

 

現段階での診断方法は1990年に発表されたアメリカリウマチ学会の分類基準を参考にしています。

全身に18箇所の圧痛点があり、4kgの力で押し11箇所以上痛く、また広範囲の痛みが3ヶ月続いていることが条件。11箇所以上でなくても専門医の判断で線維筋痛症と診断されることもあります。他の病気があっても線維筋痛症の診断は妨げられません。

 

誰にでも効くという特効薬や治療法はまだありませんが、

2012年6月22日にプレガバリン(リリカ)が「線維筋痛症に伴う疼痛」に対して保険適応の承認を取得しました。適切に使用すると症状を軽減する可能性がありますが、副作用として眠気、ふらつきが出る場合がありますので注意が必要です。

「薬を飲めば治る、痛みを止めればいい」という考え方ではなく、生活環境や生活の仕方自体を再考しながら、身体機能全体を底上げすることが必要です。

医療の力を借りながら、治すのは自分自身であり,適切な薬と医師のアドバイスを取り入れて、コツコツと取り組むことが必要です。

受診する科や医師によっては、線維筋痛症を認めてない場合もあり,ドクターショッピングを繰り返しながら診断されるのに数年以上かかることもあります。

©2020 by MADANAI。Created in Wix.com